「 玉コロガシ◎プロジェクト」
 (野外工作実験室運動遊戯装置)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)
2012年青森県三沢市寺山修司記念館野外劇場展示よりスタートしたアートプロジェクト

玉ころがしって簡単。高いところから低いところに玉は転がる。
それはその土地が教えてくれる。再発見の遊び場!発展する進化する。
そこに利用できる遊びのヒントに柔軟に対応して、
考えて、工夫して、協力して夢中になれる。
流しそうめんがおもしろいように、玉をころがしてみたくなる心理。本能であそぶ。
考えて、考えないで、ひらめきが体を動かす!見渡せば全部遊び場!
って



その土地の形状を再認識する。
その場の空間が楽しいものになる。
空がきれいで、笑顔があって、緑がきれいで、樹が、丘が、芝生が、土地が
教えてくれることに気づく。







寺山修司記念館野外劇場にて2012
20
ho
12



2013年9月14日ごてんばアート・クラフトフェアに参加しました。






寺山修司演劇祭2013 
2013年9月22日青森県三沢青森屋の旧渋沢邸にてムシムシコロコロパークJr
このすばらしいロケーションの空間で玉ころがししてあそびました。






 






2013年11月ASHIGARAアートフェスティバル2013
あしがらワンダーらんど〜アートでHappy!〜
地蔵堂地区にて100メートル級玉コロガシレーンを設置
新作の「玉の滝」のレーンも設置

「玉コロガシ◎プロジェクト/足柄地蔵堂◎実験畑」
紅葉のシーズンのだんだん畑を遊び場にして駆け回る
玉コロガシの仕掛けがドーンと登場しました。











三沢市寺山修司記念館 春のフェスティバル
●会期=2014年5月3日(土・祝)、4日(日・祝)、5日(月・祝)





*
三沢市寺山修司記念館 夏のフェスティバル
●会期=2014年8月2日(土)、3日(日)





*
会場 星野リゾート青森屋 寺山修司演劇祭
●会期=2014年8月29日(金)、30日(土)






*
ごてんばアートクラフトフェア
●会期=2014年9月20日(土)、21日(日)






*
第11回ひかり祭り@牧郷ラボ
●会期=2014年11月1日(土)2日(日)、3日(祭)





2015年

2015年2月28日(土)東京町田・ 縄文アートフェス
ひなた村野焼きまつり
会場 町田市青少年施設ひなた村





2月28(土)、3月1(日).7(土).8(日).14(土).15(日)春色フェスタ参加雨岳文庫




5月3〜5日三沢市寺山修司記念館春イベント




7月10〜12日三沢 寺山修司演劇祭




7月31〜8月2日 第12回ひかり祭り@牧郷ラボ




8月1〜2日三沢市寺山修司記念館夏フェス




9月5.6日東京若洲公園 メトキャンプ




9月13日青森県三内丸山遺跡 feel the roots 2015




9月19〜20日御殿場アートクラフトごてんばアート・クラフトフェア




11月3日焚火クラブ 若洲公園キャンプ場焚火クラブ c/w 秋のBBQ









この「玉コロガシ◎プロジェクト」は発展しつづけています









「玉の滝」
 (玉コロガシ◎プロジェクト発展001)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,67)
玉が滝のように落ちてくるのはきれいだ。このレーンの先には
ひもをひっぱると開いて玉をながして落とすストッパーが設置されている。
それまでに玉をためてためて一気に流す!



流す係と拾う係と玉を流し場まで運ぶ係と玉を受ける係と
流すひとに玉を供給する係が遊びのなかで生まれ分担していった。
力の強い子、小さい子、背の高い子、色にこだわる子、
仕切る子、何回も何回も挑戦する子、大人も子供も一緒に遊んだ。






2013年11月ASHIGARAアートフェスティバル2013
あしがらワンダーらんど〜アートでHappy!〜
地蔵堂地区にて展示








三沢市寺山修司記念館 春のフェスティバル
●会期=2014年5月3日(土・祝)、4日(日・祝)、5日(月・祝)
*
三沢市寺山修司記念館 夏のフェスティバル
●会期=2014年8月2日(土)、3日(日)







ごてんばアートクラフトフェア
●会期=2014年9月20日(土)、21日(日)






*
第11回ひかり祭り@牧郷ラボ
●会期=2014年11月1日(土)2日(日)、3日(祭)









「ドドンパ!」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展002)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,69)

20メートルのホースに玉をつめる。
この作業にまず夢中になる。
吹き出し口から玉をつめる係、ホースを上げ下げして奥に送り込む係
みんなで協力していっぱいつめたあとに、空気の力でしゅぼぼぼって噴出させる。
それを拾う、空にむかって最後にしゅぱーんってでたのを受け止める。
打ち上げ花火の玉ころがし。
そして散らばった玉を拾って集めて繰り返す。
おとなもこどもも夢中になって。



木村勝一氏撮影






三沢市寺山修司記念館 春のフェスティバル
●会期=2014年5月3日(土・祝)、4日(日・祝)、5日(月・祝)





ドドンパで玉をつめる
2014年5月寺山修司
記念館春フドドンパェスにて展示
三沢市寺山修司記念館 夏のフェスティバル
●会期=2014年8月2日(土)、3日(日)
*





2015年


5月3〜5日三沢市寺山修司記念館春イベント

7月10〜12日三沢 寺山修司演劇祭
8月1〜2日三沢市寺山修司記念館夏フェス















「標本箱」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展003)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,70)

標本箱がその遊び場に落ちていた。玉転がすレーンに設置して玉止めに使う。
玉を入れて運ぶ、落ちている葉っぱやどんぐり入れる。なんでもいいや。
遊びが進化する。発展するアイテムとなることを希望する。

標本箱、玉ころがし、
第11回ひかり祭り@牧郷ラボ
●会期=2014年11月1日(土)2日(日)、3日(祭)



「ツリーステージコラボ」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展004)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,71)

そこにある樹木をモチーフにその樹木とコラボレーションする
ツリーステージを構築したり、はしごやスロープを設置したり、
無人島や箱馬を利用して階段をつくったりして
高いところからころがすためのアイデアは
ワクワク度がめちゃめちゃ高まるのであった。


 2015年7月31日,8月1日、2日
 第12回ひかり祭り@牧郷ラボ

 @旧牧郷小学校



11月3日焚火クラブ 若洲公園キャンプ場焚火クラブ c/w 秋のBBQ




「大量流しパニック」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展005)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)

レーンが1本ならばそこには順序良く玉が転がってゆく
それが並列されて一気に流すときには
ダイナミックな混沌と勢いとなんともいえないパニック的な喜びと
楽しさが表現される。



ごてんばアート・クラフトフェア
2015年9月19日(土),20日(日)
御殿場中央公園


「トルネードツリー」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展006)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,72)

テイピテントの形状がすきだったので、それをもちこんでみた。
そこにレーンをつけて螺旋状に玉が流れてくるオブジェになった。
造形的に造形物としてそこにある感はシンボルにもなる。



\2015年7月31日,8月1日、2日
 第12回ひかり祭り@牧郷ラボ

 @旧牧郷小学校




「玉貸し出し所」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展007)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)

会場にあった大量の玉が見当たらなくなっていて
玉が一箇所にまとめて収納されていて
受付と玉交換所のシステムが出来ていた。
遊びのアイデアは新しく進化することを知った。



焚火クラブ c/w 秋のBBQ
2015年11月3日(祝火曜日)10時〜
若洲公園キャンプ場、若洲アウトドアセンター


「竹トンネル」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展008)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,73)

三沢市寺山修司記念館 2015 夏のフェスティバル
孟宗竹の節を抜きトンネルとした。
このトンネル効果によりわくわく度が増すレーンの組み方ができるようになった。
出口に標本箱を設置してコラボレーションする方法にも発展した。



焚火クラブ c/w 秋のBBQ
2015年11月3日(祝火曜日)
若洲公園キャンプ場、若洲アウトドアセンター

「リターン機構」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展009)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)

2015年11月3日焚火クラブ(若洲公園キャンプ場)
ここで玉の滝レーンにレーンをつなぎ、ながれてきたその玉が180度リターンして
方向を変える仕組みができていた。


焚火クラブ c/w 秋のBBQ
2015年11月3日(祝火曜日)
若洲公園キャンプ場、若洲アウトドアセンター



「玉塚」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展010)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)

2016年5月3日寺山修司記念館春フェス
運動会の玉入れ競技をモチーフにした作品。
投げ入れて玉を装置内部に溜めた後
一気に玉を放流。
あるいは装置内部を玉が内部で跳ねながら落ちて行き
レーンのジャンクションにもなる。。





「kumitateisu」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展011)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)
2016年5月3日寺山修司記念館春フェス
6枚の板を組み合わせて構成されるオブジェ
イスになったり、玉コロガシの台になったり、レーンになったり
トンネルになったりする。
組み合わせて形にする一連の作業は
頭の体操、手先の訓練としてワークショップとしても使用。





「玉入れ式森のどんど焼き」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展012)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)
2017年4月2日伊勢原山のオーガニックマーケット
運動会の玉入れ競技をモチーフにした作品。
枝に玉がひっかかり、まるでどんど焼きの団子のようにもみえる。。





「タマコロトンネル」
(玉コロガシ◎プロジェクト発展013)
 (ムシムシコロコロシリーズNo,61)
2017年5月3日寺山修司記念館春フェス
玉の動きを変えるジャンクションであり、
ピタゴラスイッチ的進化パーツ。。